読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みつまめ杏仁

アンリアルエンジン(UE4)でGUIを作るためにゴニョゴニョしてます。UIデザイナーの皆様の助けになれば幸いです。

UMGでよくやらかすやつ

最近カレンダーを見るのが怖い。

年が明け、あっという間に1月も残り1週とちょっと。ブログの更新もペースが落ちて前回から随分間が開いてしまいました。世間から忘れ去られないように頑張っていきたいと気合だけは入れているのですが・・・

 

 さてさて、今でこそ注意するように習慣ができてきたのですが、UMGでアニメーションを作っていて、いざ見てみようと再生すると、「え?」という状況によくなります。最初は原因が分からないので、エンジンの不具合か?などと人のせいにしたりして、「UMGワケわかんな~い。」とか聞こえないのをいいことにぷつぷつとぼやいていたものです。

 原因が分かれば怖くないのですが、これが原因でUMGをキライになる人が増えるのは不幸なのでメモ程度に書いておこうと思った次第です。

 必ず起こるわけではないのですが、起こりやすいのが、フェードやフレームIN/OUTのように最初は見えない系。このタイプのWidgetを表示したときに、一瞬だけ変なタイミングのアニメーションが再生されることはないですか?その解決策をご紹介します。

 

 普通にWidgetブループリントを作って、UMGのタイムラインでアニメーションを作って完成したらコンパイルして保存すると思います。このとき必ず儀式というかお作法のようにやった方がいいのが、アニメーショントラックリストのフォーカス外しです。

 アニメーションを作って確認していると、アニメーショントラックリストがフォーカスした状態になっています。このフォーカスを外してから保存することがとても重要なのです。

f:id:hiyokosabrey:20170122211605p:plain

(外すとオレンジ色の帯が消える)f:id:hiyokosabrey:20170122211811p:plain

この地味な操作は、アニメーションが一切再生されていない状態、つまりUMGのデフォルト状態を確認するためです。このデフォルト状態の確認を怠ると、Add to Viewportしたタイミングで「!」となるのです。

  デフォルトの状態と、最初に再生するアニメーションの0フレーム目が同じ状態ならバッチリなのです。

 

 フレームインだと画面外、フェードインだと完全に透明、というのがデフォルト状態になるので、レイアウト作業がしづらいです。そこでポジションを動かしていたり、アルファの値を 0以上にしていたりするのですが、そのまま保存して確認、「!」というパターンからなかなか抜け出せない自分に若干イラっとすることに・・・

そこで『フォーカス外し』なのです。すこしの手間ですが、これを習慣づけることでストレスは減った気がします。この操作でシステム的に解決するわけではないので、期待された方がいたらゴメンなさい。確認は自分の目でします。

 

ではでは

今年もよろしくお願いします。

ステキなUMGライフを!