読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みつまめ杏仁

アンリアルエンジン(UE4)でGUIを作るためにゴニョゴニョしてます。UIデザイナーの皆様の助けになれば幸いです。

艦これ改のUI設計について

UI UX

最近『艦これ』を遊んでます。実は本家は遊んだことは無いので、始めるにはちょうどいいかと思ってVita版を購入。なので正しくは『艦これ改』です。

発売前からUIデザインについてはいろいろ物議を醸してたので、とてもワクワクしてました。元はブラウザゲームです。マウスオペレーションのゲームがVitaに移植されてどのような操作体系になるのかという点に個人的に関心が高まっていました。

で、遊んでみて思ったこと。

 

―― 遊びづらい。

 

ゲーム自体はよくできている方だと思います。結構楽しめているので満足してます。たいがいの操作には順応してしまう自信があったのですが、ただただUIが手に慣れないのです。

 

 

私なりになぜ遊びづらいのかについて考えてみました。

あくまでもUI設計に対しての造詣が深まることが狙いで、ゲームをディスりたいのではない点、ご理解いただけると助かります。

 

ずばり、ボタン操作における役割のブレが原因だと思うのです。

私の経験則ですが、ある操作とその操作に対するリアクションはセットで記憶されることで、学習が進みます。ところがそのセットが曖昧になると、うまく学習が進まないので誤操作が増え結果的にストレスを与えてしまいます。

 

とりあえず普段よく過ごす画面でのUIフローを図にしてみました。

旗艦提督室戦略画面の2つがメインの画面で、そこを行き来しながらゲームを進めていきます。

 

f:id:hiyokosabrey:20160427230031p:plain

 

ここで注目したいのは、Rボタンと×ボタンの操作。

旗艦提督室画面から提督コマンドで、○ボタンで決定し編成画面に進んだ後、×ボタンを押すと旗艦提督室画面に戻ってきます。

 

ほとんどのゲームで、

 ○ボタンで「決定」(進む)

 ×ボタンで「戻る」(キャンセル)

のふるまいをします。艦これ改も基本的にこの操作系を採用してます。

 

一方、戦略画面で提督コマンドを出して、○ボタンで決定し編成画面 へ進んだ後、 戻ろうと×ボタンを押すと必ず旗艦提督室画面に移動します。

また編成画面から戦略画面に戻るにはRボタンを押しなさい、と画面下部のボタンナビに書いてあります。

ここで指摘したいのは操作方法です。×ボタンで戻れていないのです。Rボタンはここでは切り替えではなく強制移動になっています。戦略画面から移動してきたのであればRボタンは旗艦提督室画面に移動しそうですが・・・。

 

ゲーム進行のメインはあくまでも旗艦提督室である、とするなら少しは納得できそうな気がしますが、ゲームを進めるためには戦略画面の存在は、無くてはならない位置づけです。育成と攻略にマップ選択や配備、さらにはターンの終了、となると戦略画面で操作している時間の方が長くなります。艦娘とイチャコラする時間の方が長い方もいらっしゃるかもしれないですが、育成を考えたらやっぱり戦略画面から各画面に移動することが多くなると思います。

なので、ここは戦略画面か旗艦提督室画面のどちらから移動したか(来歴)を判断して、×ボタンで戻れるようにした方がいいと思うのです。

それだけで幾分誤操作が解消すると思うのですがいかがでしょうか。提督のみなさん。

 

提督コマンドがどちらの画面からでも利用できて便利なのですが、そこがかえって旗艦提督室画面と戦略画面の行き来の必要性を危うくしている気がします。

 

旗艦提督室画面のUIを改めて見直してみると、「戦略」と書かれたボタンが大きく配置されています。ここをタッチするか、○ボタンを押せば戦略画面に移動します。もちろんRボタンを押しても戦略画面に移動します。この画面では提督コマンドが拡張されています。サブメニューの存在です。その切り替えはLボタンを使います。タッチ操作での切り替えはできないようです。このサブメニューを利用するには旗艦提督室画面に来る必要があります。それぞれの画面でできること、できないことが分かりやすい方が今の自分の位置を認識しやすいし、やりたいことに対してスムーズな操作ができると思います。

 

 見た目に丁寧な作りで好感が持てるだけに操作でストレスを感じるのは、とてももったいないです。

というわけで、勝手に操作系を整理して改造案を考えてみました。

 

f:id:hiyokosabrey:20160425214257p:plain

提督コマンドから移動した画面でも、Lボタンを押せば提督コマンドを呼び出すのは今の仕様と同じ。ここで戻るボタンを押したときは、戦略画面か旗艦提督室画面のどちらか来た方に戻してやります。

 

できる限り、「同じ場所にいつものボタン表示」「同じ操作で同じふるまい」を目指すことで迷わないUIを設計できると思います。できることがたくさんあって初見で理解するのは難しい分、せめて期待を裏切らないふるまいを心がけたいものです。

とにかくLボタンで提督メニューを開いて○ボタンで進んで、×ボタンで戻る。

ゲーム進行に影響を与えにくいサブメニューを旗艦提督室画面に置くことで、それぞれの画面で役割が明確になってきます。その方が効果的に学習できると思います。

 

よく見てみるとあちこちに戦略画面に移動する仕組みが用意されていることに気付きます。開発者もそれなりに苦慮されたのではないかと思いたいのですが、実際のところどうなんでしょうか。これはこれで操作しやすいと感じていらっしゃる方もおられるとは思いますけど・・・。

「どこにいてもRボタンを押すと必ず戦略画面に移動する」という仕様もありかもしれません。旗艦提督室画面に行くには戦略画面の○ボタンメニューから「旗艦」を選べば行けますし。

 

他にも、こまごまとツッコミどころがあったりなかったりしますが、特に毎日遊んでていつも同じとこで操作ミスをする自分に業を煮やしてこの記事を書くことにしました。

UE4で再現してみるか、などと妄想してたりします。というわけでとても勉強させてもらってます。

 

決してダメなゲームではないです。ほんとに毎日遊んでますから。

ただいま提督LV29。天龍ちゃん LV 86 まで上げた段階で 「改二」 になれないことを知りました。